避妊に失敗してしまった方

避妊に失敗した場合アフターピル で緊急避妊をすることによって望まない妊娠を防ぐことができます。
※本人以外の代理受診は出来ません。

  • HOME
  • 緊急避妊(アフターピル)外来

避妊に失敗してしまった方

緊急避妊外来

避妊に失敗した場合アフターピルを服用し、緊急避妊を行うことによって望まない妊娠を防ぐことができます。

性行為の最中にコンドームが破けた、雰囲気に流されて避妊具を付け忘れた…
避妊に失敗した場合、アフターピルで緊急避妊をすることによって望まない妊娠を防ぐことができます。

緊急避妊とは?

緊急避妊とは、避妊に失敗した場合に妊娠を防止する最後の避妊法です。

アフターピル(緊急避妊薬)は、医師の指導のもとで服用します。
避妊出来なかった性交後72時間以内に、なるべく早くアフターピルを服用します。
アフターピルを服用することにより排卵を抑制し、妊娠が成立する可能性を減少させますが、薬の服用によって妊娠を完全に回避できるわけではないです。
また、服用後も妊娠する可能性がありますので、性交の可能性がある場合は他の適切な避妊法を用いて下さい。

スマルナでは、1錠1回服用だけで副作用がほぼ無い最新のアフターピル(緊急避妊薬)「ノルレボ錠1.5mg」を取り扱っております。

今すぐアフターピルを処方して欲しい方はこちらから

※スマルナ(スマ診)での診察は、患者様と医師の空き時間を使って診察を行います。受付、問診は24時間可能です。受付、問診後、順次医師より連絡(メール)が届きますので、メールのリンク先(スマ診)にて診察をすすめて下さい。

※代理受診は出来ません。必ずご本人様が受診して下さい。

※平日17時、土曜日15時、日・祝12時までの決済でネコポスにて当日発送いたします。診察や配送の遅延により、直ちに緊急避妊薬が届かない場合もございます。緊急避妊外来は診察、決済後72時間以内に緊急避妊薬が届くことを保証したサービスではございません。

アフターピルの処方を希望の方は、診療内容選択画面にて「緊急避妊外来」を選択下さい。
アフターピル(緊急避妊薬)は、北海道・沖縄・離島の方には必要な日にお届けできませんのでご利用頂けません。

緊急避妊外来のお手続に進む

スマルナの緊急避妊外来

アフターピル処方までの流れ

こちらから診察のお手続に進みユーザー新規登録を行って下さい。
公的書類(保険証等)で本人確認(代理受診は認められていません)後、診療内容選択画面にて「緊急避妊外来」を選択下さい。
問診、医師の診察、決済後、お薬がご希望の場所に届きます。

ノルレボ錠1.5㎎(緊急避妊)
薬剤 価格
ノルレボ錠1.5mg 20,000円
  • ※診察代・お薬代・避妊指導代・配送代込みの値段です

どこでアフターピルは購入できる?

アフターピルは処方薬ですので、医師の診察・処方が必要です。
医療機関でのみ処方出来ますので、近隣の婦人科やネット診察サービス スマルナで処方いただけます。

アフターピルは72時間以内に服用を

アフターピル(緊急避妊薬)は72時間以内に服用することで効果が得られます。
※アフターピルを服用することにより、排卵を抑制し妊娠が成立する可能性を減少させますが、薬の服用によって妊娠を完全に回避できるわけではありません。

スマルナでは、いつでも緊急避妊外来を受診いただくことが出来ます。
※平日17時、土曜日15時、日・祝12時までの決済でネコポスにて当日発送いたします。診察や配送の遅延(気象状況)により、直ちに緊急避妊薬が届かない場合もございます。緊急避妊外来は診察、決済後72時間以内に緊急避妊薬が届くことを保証したサービスではございません。

スマルナだと最短でお薬が届くまでどれぐらいかかる?

※緊急を要する場合は、近隣の医療機関へ行くことをオススメいたします。

アフターピルの効果は?

アフターピル(LNG法)を72時間以内に服用できた場合、望まない妊娠を防ぐ確率はとても高いです。

性交後の時間 妊娠阻止率
24時間以内 95%
72時間以内 84%
120時間以内 63%

参照:Faculty of Family Planning and Reproductive Health Care Clinical Effectiveness Unit. FFPRHC Guidance(April 2006). Emergency contraception. J Fam Plann Reprod Health Care 2006; 32(2):121-128

※避妊成功率は100%というわけではありません。数%に妊娠が起こることもあり、緊急避妊薬を頻繁に使用している場合、妊娠率はかなり高くなります。

望まない妊娠をしないためにも、低用量ピルで確実な避妊を!

アフターピルは体にとても負担がかかる避妊法です。
また、緊急時に使用するもので避妊効果は持続しません。

女性主体の避妊方法は存在し、一番簡単に始められるのが低用量ピルです。

低用量ピルの避妊効果は99.9%と言われています。
もし、パートナーが避妊をしてくれないなら、自分の身を守るためにも低用量ピルを普段から服用することをオススメします。

妊娠してないことがわかるのはいつ?

緊急避妊を行ってから、出血(消退出血、生理)の有無によって妊娠を回避できたか判断します。
出血までの期間は、緊急避妊を行った時期により早い方で2~3日、遅い方で3週間程度と幅があります。
すぐに出血がなくても慌てずに待ってください。

アフターピルは安全?

アフターピルは体のホルモンバランスを変化させて、強引に生理を起こします。
そうして緊急避妊を行うのですが、急激にホルモンバランスの変化を起こすため副作用が出ることもあります。

副作用は?

出血、頭痛、悪心などの副作用が現れることがあります。
どの副作用も出る確率は低いと言われていますが、不安な方は処方される医師にお尋ねください。

アフターピル(LNG法)服用後の副作用として”服用後の嘔吐はほとんどみられず、服用者の3.6%に悪心が認められる”との論文データがあります。
参照:北村邦夫:プロゲスチンと臨床応用(5) 緊急避妊法とプロゲスチン、HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY , 2010;17(2):44-53

服用後の体への影響は?

アフターピルの成分は、約1週間ほどで排出されるので、後々体に影響があることはほとんどありませんが、ホルモンバランスを一時的に変化させるので、身体への負担はとても大きいです。

アフターピル服用後の低用量ピルの服用方法

アフターピル服用後、1週間以内に出血(消退出血)があった場合、次の自然な生理を待ってから服用を始めてください。
アフターピル服用後1週間以上経ってから出血があった場合、その日からピルの服用を開始できます。
この場合、避妊確率が万全ではないので、服用から1~2週間は性交渉をしないか、他の避妊方法を使うのが安心です。
参照:あすか製薬株式会社「きいて!きいて!みんなに知ってほしい緊急避妊のこと」リーフレット

ピルの個人輸入は危険です

ピルの個人輸入は危険です

インターネットを通じた通販(個人輸入等)による医薬品は、大きなリスクが存在します。 そのため厚生労働省は、日本国内で医薬品医療機器等法を遵守して販売等されている医薬品等に比べて、次のような保健衛生上の危険性(リスク)がありますと注意喚起をしています。

参考元:厚生労働省「医薬品等を海外から購入しようとされる方へ」

  • 日本国内で正規に流通している医薬品、化粧品や医療機器などは、医薬品医療機器等法に基づいて品質、有効性及び安全性の確認がなされていますが、個人輸入される外国製品にそのような保証はありません。
  • 不衛生な場所や方法で製造されたものかもしれません。
  • 正規のメーカー品を偽った、偽造製品かもしれません。
  • 日本国内で医薬品医療機器等法を遵守して販売等されている医薬品については、それを適正に使用したにもかかわらず重大な健康被害が生じた場合に、その救済を図る公的制度(医薬品副作用被害救済制度)があります。しかし、個人輸入された医薬品による健康被害については救済対象となりません。

薬にもニセモノがあります

偽薬(ぎやく)は世界の多くの地域で問題となっています

偽薬(ぎやく)は世界の多くの地域で問題となっています。
偽造薬が引き起こす健康被害だけでなく、マフィアなどの犯罪組織の収益源となっている点も無視できません。
厚生労働省も以下のように注意を促しています。

  • 許可をえている薬局で購入し(ただし、これを知ることが困難な場合もあります)、領収書を請求すること。
  • 極端に安い薬を買わないこと。
  • 箱入りの薬については、添付文書がついていることを確認すること。

参考元:厚生労働省「海外のニセ薬問題について」

ニセモノのピルで避妊に失敗

ニセモノのピルで避妊に失敗

ニセモノのピルは有効成分の含まれていないものがほとんどです。
よくあるケースが、ニセモノのピルを服用して性交渉を行なったために、妊娠してしまうというケースです。有効成分が含まれていない=避妊効果がないということですから、当然です。
避妊のために服用していたはずなのに、これでは元も子もありません

海外ではピルの薬品評価をした際に「有効成分が含まれていない」「量が不適切」だという結果が多く報告されています。日本では他の薬品(ED薬)での横断調査が行われ、海外からの並行輸入品は少なくない比率で「偽造品」が混在していると報告されています。国内では低用量ピルについての調査は未実施のようですが(2018年5月現時点)、偽造品が混ざっている確率が高いと言えるでしょう。

参考元:海外サイト「偽のピル(経口避妊薬)が市場に」
参考元:海外サイト「低品質の緊急避妊薬の調査」

偽造品を見分けるのはほぼ不可能

偽造品を見分けるのはほぼ不可能

偽造品を見分けるには分析器にかけるしかありません。
分析器など、一般家庭にはまずありませんよね。
薬のパッケージで見分けるなども難しく、ほぼ個人でその薬が本物かどうかを判別することはできません。

個人輸入代行業者なら大丈夫と思っていませんか?

最も被害を拡大させている原因は個人輸入代行業者だと言われています。彼らには製品の質を保証する責任がないからです。
個人輸入を「代行」するだけなので、商品さえ届けば良いのです。
なので、もし個人輸入代行業者から購入したピルで健康被害にあったとしても、彼らは「輸入をしただけ」となります。

このような個人輸入代行業者が多いため、個人輸入代行業者での購入が最も危険と言えます。

スマルナでは医療機関へ適切な経路で納入された医薬品のみを取り扱っています

スマ診

「スマルナ」では、安心して服用していただけるように、「医療機関へ適切な経路で納入された医薬品」のみを取り扱っております。
また医師のしっかりとした診断の元、処方が行われるので、初めてご利用いただく方にも安心していただけます。

「スマルナ」相談窓口

スマルナ相談窓口

LINE@に「スマルナ」の相談窓口を作りました。LINEはよく使うけど、メールでのやり取りはあまり慣れていないという方でも、お気軽にご利用いただけます。
相談窓口では、生理に関するお悩みごとなどを薬剤師に無料でご相談いただけます。
その他にもスマルナの使い方に関する質問やお困りごと診察時に障害が発生した場合のサポート薬剤師にお薬に関する疑問、質問、または飲み方などのご相談を受け付けております。

※スマルナで取り扱いのない疾患またはお薬に関する質問はお受け出来ない場合があります。ご了承ください。

友だち追加

今すぐアフターピルを処方して欲しい方はこちらから

※スマルナ(スマ診)での診察は、患者様と医師の空き時間を使って診察を行います。受付、問診は24時間可能です。受付、問診後、順次医師より連絡(メール)が届きますので、メールのリンク先(スマ診)にて診察をすすめて下さい。

※代理受診は出来ません。必ずご本人様が受診して下さい。

※平日17時、土曜日15時、日・祝12時までの決済でネコポスにて当日発送いたします。診察や配送の遅延により、直ちに緊急避妊薬が届かない場合もございます。緊急避妊外来は診察、決済後72時間以内に緊急避妊薬が届くことを保証したサービスではございません。

アフターピルの処方を希望の方は、診療内容選択画面にて「緊急避妊外来」を選択下さい。
アフターピル(緊急避妊薬)は、北海道・沖縄・離島の方には必要な日にお届けできませんのでご利用頂けません。

緊急避妊外来のお手続に進む