つらい生理、生理痛の症状には 「ピル」が効く!

ピル(経口避妊薬)

しっかり避妊+やさしい生理

生理にまつわる症状はつらいものです。
日常生活に支障をきたすほどの症状が現れている場合、これを「月経困難症」といいます。
しかし、そうでなくとも、種々の不快感に悩まされている方がほとんどです。
ピルは、これら症状を激減させる可能性があります。

ピルが生理痛に効く仕組み

女性の性周期

ピル(経口避妊薬)の役割は、避妊効果のみではありません。
そもそもピルの開発は、避妊効果を狙ったものではなく、子宮内膜症や月経困難症などの病気・症状をコントロールするためのものでした。
ですから、ピルの服用によって、生理時のつらい症状が軽減されるというのは当たり前のことなのです。

「避妊薬」=「後ろめたいもの」と思っている方がいらしたら、まずこの考えを改めましょう。

ピルの成分は、女性ホルモンである「エストロゲン」と「プロゲステロン」です。
この2つのホルモンを摂取することで、身体が「これ以上排卵を促すホルモンを出す必要はない」と判断し、排卵がストップします。
ホルモン量が安定することで、むくみ、イライラ、下腹部痛などの「PMS(月経前症候群)」や、「月経困難症」、その他生理にまつわる不快な症状が大幅に軽減されます。

生理にまつわるよくある症状

生理にまつわる症状は多岐にわたります。
人によってその内容や程度は大きく変わります。
多少の痛みは鎮痛解熱剤で、精神症状は抗不安薬や抗うつ薬で緩和することができます。
しかし、ピルには生理の仕組みそのものに働きかける薬理効果があります。
不快な生理のほとんどの症状を相当程度改善することができます。

下腹部・腰の痛み

生理は、厚く成長した子宮内膜がはがれ、血液として流れ出ることです(経血)。
こうして、子宮内膜を経血として体外に押し出すために「プロスタグランジン」という物質が作られ、子宮を収縮させます。
これが痛みの原因です。

プロスタグランジンは、広く痛みや発熱を起こす物質でもあります。
このプロスタグランジンを阻害するのがNSAIDs(非ステロイド抗炎症薬)、つまり、鎮痛解熱剤です。
鎮痛解熱剤で十分痛みが緩和されるのであればそれでもよいのですが、治まらないほどの痛みを感じている方は、ピルの服用を検討なさってもいいかと思います。

ただ、何らかの病気が痛みの原因である場合があります。
これを器質性月経困難症といい、「子宮内膜症」「子宮筋腫」「子宮腺筋症」が最も多い原因になります。
あまりに痛みが強いときは、一度婦人科で診察を受けてください。
これらの病気の治療にもピルを使うことが有効です。

頭痛

これもプロスタグランジンの作用です。
先ほど触れた鎮痛解熱剤ですが、ボルタレン・ロキソニン・イブプロフェン・アセチルサリチル酸・アセトアミノフェンなどがあり、ドラッグストアで簡単に買うことができます(ボルタレンのみ用処方薬です。ロキソニンは処方か、薬剤師が居る薬局でないと入手できません)。

また、女性ホルモンの一つ「エストロゲン」の作用で、生理前後に片頭痛を起こす場合もあります。
片頭痛とは、心臓の拍動に合わせて、ズキンズキンと痛む頭痛です。
血管が急激に拡張することによって起きるため、温めると逆効果になります。
また、姿勢を変えると痛みが増すので、生活に支障をきたすこともあります。
これも、ピルの服用によって軽減することが期待できます。

下痢・吐き気・食欲不振

プロスタグランジンが作用して、胃腸の働きが悪くなり、下痢を起こしたり、吐き気・食欲不振などの症状が現れることもあります。
ピル以外の方法では、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)を整えることで改善が見込めます。

人間の腸には様々な細菌が常在しており、その中で体に良い作用をするものを「善玉菌」、悪い影響を与えるものを「悪玉菌」、勢力の強い方に味方する「日和見菌」があります。
善玉菌(ビフィズス菌、フェーカリス菌、アシドフィルス菌)などを補給すること、それらのエサとなる「食物繊維」や「オリゴ糖」などを摂取することが重要です。
また、納豆菌も非常に良い作用をしますので、納豆は腸に良い食べ物と言えます。

むくみ

生理では多量の血液が失われます。
それに備え、身体は水分を貯蔵しようとします。
そのため、生理前はむくみが生じやすくなります。
塩分は水を抱き込むので、過多にならないようにし、塩分の排出をうながすカリウムを多くとりましょう。

貧血

出血をしますので、貧血や立ち眩みなどはよく起こります。
血液を作るには「タンパク質」と「鉄分」が特に必要ですが、それらも含めバランスの取れた食事を採ることは重要です。
タンパク質・炭水化物・脂質・ビタミン・ミネラルはできるだけ偏りなく採りましょう。

うつ感・イライラ・攻撃衝動

女性ホルモンの変化から、うつ的になる方、逆に怒りっぽく攻撃的になる方もいます。
生理前3~10日に決まって精神が乱れる場合、PMS(月経前症候群)である可能性があります。
この症状もピルの服用でホルモンバランスが安定すると解消されます。

攻撃的になることの一因は、女性本能であるかもしれません。
つまり、「赤ちゃんを守る」という生物としての本能に根差していることが考えられるため、攻撃性は不自然なものではないとも思います。
しかし、日常生活や人間関係を崩してしまうほど精神が不安定な場合は、心療内科か精神科に受診することも選択肢に置いておいて下さい。

生理に悩まないで行きたい時に旅行に行こう

ピルはPMSや生理痛を和らげます

先に挙げた症状は、すべては女性ホルモンの変動によって起きるものです。
このホルモンが急激に変化することがPMS(月経前症候群)・月経困難症・子宮内膜症・生理痛などの原因です。

ピルを飲んでいると、この女性ホルモンが安定した状態になります。
下腹部痛・頭痛・むくみ・眠気・吐き気・ウツ・攻撃衝動など、生理に関する様々な症状をピルは改善、軽減します。

また、ピルを服用することで子宮内膜の厚みが減るので、生理の際の経血量や痛みを減少させることができます。
結果、貧血症状の改善にもなります。

ピルは生理が始まった思春期から飲み始めることができ、40代でも服用することができます。
やめたくなった時はいつでも止めれます。

つらい生理、生理痛で困っている方は、ぜひ一度、ピルの服用を検討されてはどうでしょうか?

しっかり避妊+やさしい生理 スマルナのピル外来

「スマルナ」相談窓口

スマルナ相談窓口

LINE@に「スマルナ」の相談窓口を作りました。LINEはよく使うけど、メールでのやり取りはあまり慣れていないという方でも、お気軽にご利用いただけます。
相談窓口では生理に関するお悩みごとなどを薬剤師に無料でご相談いただけます。
その他にもスマルナの使い方に関する質問やお困りごと診察時に障害が発生した場合のサポート薬剤師にお薬に関する疑問、質問、または飲み方などのご相談を受け付けております。

  • ※スマルナで取り扱いのない疾患またはお薬に関する質問はお受け出来ない場合があります。ご了承ください。

友だち追加

関連記事一覧

カテゴリー

人気記事

  • 登録されている記事はございません。