ピル(経口避妊薬)の通販・個人輸入はとても危険!?○○%が偽物!?

ピル(経口避妊薬)

避妊・月経困難症 ピル外来 スマルナ

ピル(経口避妊薬)を使用するにあたって「病院へ行くのは面倒」「処方してもらうのにお金がかかる」「できるだけ秘密にしたい」などと思うのは自然です。
しかし、だからといって通販や個人輸入にでピル(経口避妊薬)を手に入れるのは、ちょっとお待ちください。

ピル(経口避妊薬)の通販・個人輸入は危険です!

栄養素補給・健康増進などのサプリメントならともかく、偽物や効果が十分でないものを頼ってしまったら「避妊」という重大な目的を外してしまうかもしれません。
ピルはダイエットサプリなどと違い、「あー、薬が効かなかったなぁ…」で済むものではないです。

ピル(経口避妊薬)は医師から処方されるのが一番です。
あるいは少なくとも、よほどの信頼性のある通販・輸入業者から購入することです。

では、通販・個人輸入の何が問題なのでしょうか?
信頼できる通販・輸入方法はどういったものなのでしょうか?

ピル(経口避妊薬)の通販(個人輸入)の危険性

ピルに限らず、医薬品の通販というものは危険なものです。
医薬品でなくても、通販購入にはリスクはつきものです。
Amazonでのレビューでも「粗悪品」「安物買いの銭失い」「お金返して!」などのコメントはよく見かけると思います。

しかし、「お金を無駄にした」では済まないのが医薬品。
さらにピルなら重大な問題に発展します。

ネットでは、架空の店舗を設けて本家サイトのリンクが貼られており、購入しても商品は届かず、クレームは本家サイトに贈られるが、本家には何の関係もないのでどうしようもない…といったケースが多々あります。
国内通販でもそのようなものがあるのに、ピルの個人輸入(通販)などはもっと危険と言えます。
それは、以下のような理由からです。

ピルの個人輸入、ネット通販

たとえ安価で購入できるとしても、ピルの個人輸入(通販)には危険が伴います。

実際に個人輸入(通販)する場合は、全部の手続きを自分で行うのは至難の業です。
そこで通販サイトや業者を利用することになるでしょう。
しかし、代行会社の中には、偽物や粗悪品を販売しているところも少なくありません。

薬の個人輸入は違法?

「薬の個人輸入そのものが違法ではないか?」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、個人輸入そのものは法的に問題はありません。
自分で使用すること自体は法に触れることではないのです。

ただし、個人輸入したものを他者に受け渡す行為は違法になります。

ピルの個人輸入の危険性

まず、成分が適正なものかどうかという点が重要になります。
全く効果のない、もしくは健康被害が伴う偽物の薬である可能性があるのです。

偽物の薬は、アフリカ・アジア・ラテンアメリカなどで多く、30%以上が偽物であるとのデータもあります。
また、異物が混入されているケースもあります(有毒な重金属など)。

参照:厚生労働省検疫所 海外のニセ薬について
クローズアップ現代 広がる偽造薬リスク

次に、説明書が読めない場合があります。
説明書が日本語でないと、普通の人には十分な解読はできません。
パソコン部品などでしたら「お金を損した」だけで済むかもしれませんが、ピルの場合そうはいきません。
使い方が分からない薬を服用するのは大変危険です。

そして、重篤な副作用が出たり、後遺症が残った場合(極端には死亡した場合。海外ピルでの死亡例は実際に3件あります)、国内での「医薬品副作用被害救済制度」は適用されません。
ここは重要なところです。

ピルの製造元

例えば第3世代に分類されるピル、「マーベロン」は、日本の婦人科で処方されるものですが、製造元はオランダです。
第4世代の「ヤーズ」はドイツ製です。

しかし、欧米の先進国の多くは、ピルは処方薬となっています。
インターネットで取引されるピルは、東南アジアなどが製造しているようです。

とくに「格安」で販売されているものには、製造元が不明である・偽装されているなど、問題があることが多いです。

アフターピル「アイピル」は海外医薬品

アフターピルとなると、まず「アイピル」が挙がるでしょう。
アイピルは性行為時に避妊に失敗した際に服用する緊急避妊薬です。

アイピルは国内品ではなく、海外医薬品です。
海外医薬品は個人輸入で購入することになりますが、そこに付け込んで偽物を販売するケースが多々あります。

まず、商品が届かないということがあります。
届いたとしても、本物かどうか見分けるのは困難です。
使ってみて効果がなく「偽物だった」と気付いた時には大変なことになっている。
そして保障や救済制度は適用されないのです。

また、アイピルは国内未承認薬ですので、国内での処方は受けられません。
しかし、アイピルは「ノルレボ」というアフターピルのジェネリック品です。
国内でノルレボを処方している医療機関もおおいので、これも選択肢になります。

ネット通販・個人輸入の見極め

どうしても通販(個人輸入)で購入したい方は、通販(個人輸入)サイトを厳しく見ることが最低限必要です。
偽物の場合、取り扱っている業者の名称、成分名、メーカー名がよく分からないことになっている場合があります。
そのようなものは避けましょう。

極端に安価な場合も注意が必要です。
ネットで同じような品が複数ある時、「少しでも安いものを買いたい」というのは当然の心理です。
ですが、あまりに極端に安いものはおかしなものである可能性が高いです。
サイトの安全性(評判等)を重視してください。
また、サイトに連絡先が表記されていない、お問い合わせフォームが設けられていないなどの場合は要注意です。

政府広報オンラインには、個人輸入について以下の危険性があるとされています。

(1)日本の医薬品医療機器等法に基づく品質・有効性・安全性の確認がされていない
(2)虚偽または誇大な効能・効果をうたっている場合も
(3)不衛生な場所や方法で製造されたおそれ
(4)正規のメーカー品を装ったニセモノである可能性も

参照:政府広報オンライン
健康被害などリスクにご注意!海外からの医薬品の個人輸入

まとめ

以上のように、ピルの通販・個人輸入にはかなりリスクがあります。
正規に処方・購入しても、その効果を考えると決して高くはないものです。
ピル(経口避妊薬)は単なるサプリメントや健康補助食品とでは、重みが全く違います。

ピルは月経困難症や、子宮内膜症を改善させるとても重要なお薬です。
ましてや、偽物で避妊に失敗したとなっては、大変な事態です。

ピルは、多少の値段が高くとも、信頼のあるところからの入手が第一であることを、ぜひ心にとめておいてください。

スマルナ ピル外来

「スマルナ」相談窓口

スマルナ相談窓口

LINE@に「スマルナ」の相談窓口を作りました。LINEはよく使うけど、メールでのやり取りはあまり慣れていないという方でも、お気軽にご利用いただけます。
相談窓口では生理に関するお悩みごとなどを薬剤師に無料でご相談いただけます。
その他にもスマルナの使い方に関する質問やお困りごと診察時に障害が発生した場合のサポート薬剤師にお薬に関する疑問、質問、または飲み方などのご相談を受け付けております。

  • ※スマルナで取り扱いのない疾患またはお薬に関する質問はお受け出来ない場合があります。ご了承ください。

友だち追加

関連記事一覧

カテゴリー

人気記事

  • 登録されている記事はございません。