超低用量ピル ルナベル®の特徴と使い方・飲み方

ピル(経口避妊薬)

避妊・月経困難症 ピル外来 スマルナ

ルナベルは、第1世代1相性のピル(経口避妊薬)です。
月経困難症の治療に使われます。
避妊効果も十分あります。

「ルナベル配合錠ULD」は日本で発売されているピルの内、卵胞ホルモンが最も少ない「超低用量ピル」です。
生理の調整に特に適しています。

ルナベルとは?

「ルナベル」は、第1世代1相性のピルです。
避妊目的ではなく、「月経困難症」や「子宮内膜症」の治療に使われます。
しかし、適正に飲んでいる限り避妊効果も十分あります。

ルナベルには「ルナベルLD」と「ルナベルULD」の2種類があります。
ルナベルLDは低用量ピルで、「オーソM」と同じ成分です。
ルナベルLDのジェネリック(後発医薬品)に「フリウェルLD」もあります。

「ルナベルULD」は超低用量ピルです。
ルナベルLDよりエストロゲン量が6割以下に抑えられています。
日本で販売されているピルの中で最も低いものとなります。
ジェネリックは発売されていません。

エストロゲン(エチニルエストラジオール)含有量が少ないということは、血栓症のリスクが低く抑えられているということや、吐き気や頭痛などの副作用も出にくいということです。
半面、不正出血が起きやすくなっています。

同じ超低用量ピルの「ヤーズ」と比べて、血栓症のリスクが低いと言われています。

世代ごとの成分
世代 卵胞ホルモン 黄体ホルモン
第1世代 エチニルエストラジオール ノルエチステロン
第2世代 レボノルゲストレル
第3世代 デゾゲストレル
第4世代 ドロスピレノン

ルナベルは卵胞ホルモンに「エチニルエストラジオール」、黄体ホルモンに「ノルエチステロン」が使われています。

第1世代だからといって、副作用が強いなどの傾向があるわけではありません。
ピルは世代ごとに少しずつ作用が違い、また人によって合う合わないがあります。
まず「これがよさそうかな?」というピルを医師と相談の上試してみて、合わなかったら他のものに切り替えるなどが良いでしょう。

ルナベルの副作用

「血栓症」「吐き気」「頭痛」「乳房の張り/痛み」などの副作用があります。
これは飲み始めの時に起こりやすい症状です。
飲み続けて、ホルモンバランスが整ってきたら解消されることが多いので、しばらくは飲み続けてみましょう。

また、超低用量ピルである「ルナベルULD」は、エストロゲン(エチニルエストラジオール)の含有量が少ないため、他のピルより副作用は出にくくなっています。

先ほども触れましたが「ルナベルULD」は「不正出血」が起こりやすい薬です。
「不正出血」とは、消退出血(生理)でもないのに出血が起こることを言います。
ルナベルULDを服用する人の8割が経験すると言われています。
しかし、これも飲み進めていくうちに解消されることが普通です。
ただ、飲み忘れをすると不正出血が起こりやすいので、毎日同じ時間にきっちりと服用しましょう。

また、非常にまれですが、血栓症を起こす方もいますので、ふくらはぎの痛み、胸の痛み、頭痛、息苦しさなどの症状があったら、すぐに検査を受けてください。

そして「太る」ということもなくはありません。
身体のむくみが起きやすいこと、食欲が増進すること、女性ホルモンの特徴として脂肪のついた女性らしい体つきになることなどが原因です。
ただ「ルナベルULD」は超低用量であるため、これらの副作用も出にくくなっています。

ルナベルは避妊目的では処方されない?

基本的にルナベルは避妊目的で処方されることはなく、「月経困難症(子宮内膜症なども含む)」の治療目的での処方になります。
ですが、月経困難症を治療しながら避妊も兼ねることは可能です。
海外では避妊薬として認可されており、避妊効果は十分であるといえます。
超低用量ピルである「ルナベルULD」でも、避妊効果は発揮されますが、飲む時間帯や飲み忘れは、他のピルよりいっそう厳密な管理が必要です。

ルナベルの適用対象である「月経困難症」とは、月経時やその直前期に、日常生活に支障をきたすほどの下腹部痛・腰痛・頭痛・眠気・イライラ・抑うつ感、などが現れることを言います。

月経困難症とは?

月経時やその直前に下腹部痛や精神症状などがひどく現れ、日常生活ができないほどのつらさがある状態を「月経困難症」といいます。
特に病変がない場合を「機能性月経困難症」、背後に何らかの病気が隠れている場合を「器質性月経困難症」という風に区別します。

「機能性月経困難症」は、経血を押し出す際の子宮収縮痛や、精神症状、むくみ、のぼせなどの症状です。
ホルモンのバランスの乱れが原因であるため、ルナベルなどのピルを服用することで大幅に軽減される可能性があります。

「器質性月経困難症」は、原因となっている病気の治療が必要です。

器質性月経困難症

器質性月経困難症で最も多いのが「子宮内膜症」「子宮筋腫」「子宮腺筋症」です。

子宮内膜症

子宮内膜症とは、本来子宮内部の壁にできるべき子宮内膜が、何らかの原因でそれ以外のところにでき、増殖することを言います。
本来の子宮内膜同様、生理の起こるたびに出血しますが、血液の出口がなく、炎症を起こしてしまう病気です。

子宮内膜症は生理が起こるたびに症状が進む進行性の病気です。
閉経するまで進行するのが普通です。
この治療には、子宮内膜の増殖や月経量を少なくするホルモン剤=ルナベルなどのピルが有効です。

子宮筋腫

子宮筋腫とは、子宮にできる良性の腫瘍です。
5人に1人の女性が発症すると言われています。
大きいものでは10㎏にもなります。

しかし、性質は良性で、転移したり浸食したりするものではありません。
不都合があれば手術で摘出します。

子宮腺筋症

子宮の筋肉層に子宮内膜が入り込んで増殖する病気です。
生理痛がひどくなったり、月経量が増えたり、痛みを感じたりしますが、無自覚のケースもあります。

治療はルナベルなどの低用量ピルが使われます。
子宮内膜を薄くする作用、月経量を少なくする作用などがあるためです。

ルナベルの飲み方

「ルナベルLD」「ルナベルULD」とも21錠タイプです。
飲み方も同じです。

1日目と書かれた錠剤から飲み始め、21日間継続して飲んだら7日間休薬期間をとります(服用を休みます)。
7日間の休薬期間を過ぎたら次のシートを飲み始める・・・といった形で服用します。
休薬期間が過ぎたら消退出血(生理)の有無にかかわらず服用を再開してください。

飲み初めは、生理の1日目から5日目の間に設定します。
避妊の目的も兼ねる場合は生理の初日から飲みます。
初日から飲んだ場合、避妊効果はその日から発揮されます。
それより遅れた場合は、1週間飲み続けるまで避妊効果は得られません。

また、飲む時間は毎日同じにする必要があります。
夜なら夜、朝なら朝、一番確実に(忘れずに)飲むことが求められます。

ルナベルを飲んで2時間以内に吐いてしまったり、激しい下痢を起こした場合、成分が吸収されていない恐れがあるので、もう1錠飲み足してください。

ルナベルを読み忘れた場合の対処

飲み忘れから24時間以内の場合、すぐに1錠飲んでください。
次の1錠はいつもの予定時間に飲んでください。

飲み忘れから24時間以降経ってしまった場合、避妊目的を兼ねて飲んでいるなら、服用を中止し、次の消退出血(生理)を待ちます。
生理が来たら、その日から新しいシートで服用を再開します。
なお、この間避妊効果はありません。

避妊目的でない場合、飲み忘れたときの分と当日の分を合わせて飲んでください。
何度も飲み忘れた場合は医師に相談しましょう。

ルナベルの飲み合わせに注意が要る薬・サプリ

主に飲み合わせに注意がひつようなもの
  • 鎮痛解熱剤の内「アセトアミノフェン」
  • 抗うつ薬の内「三環系抗うつ薬」
  • 精神安定剤の内「フェノバール」
  • 抗生物質の内「ペニシリン系/テトラサイクリン系」
  • 血圧降下剤の一部
  • てんかん薬の一部
  • HIV治療薬の一部
  • ステロイド
  • セントジョーンズワート(西洋オトギリソウ)
  • バストアップサプリ「プラエリア」「ピンキープラス」
  • 美容サプリ「プラセンタ」
  • 大豆イソフラボン

「アセトアミノフェン」のみ説明しておきます。
アセトアミノフェンとは鎮痛解熱剤の1種です。NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)とほぼ同じカテゴリに入る薬です。
これはルナベルだけでなく、ピル全般で飲み合わせ注意となっています。

NSAIDsには作用の強い順で「ボルタレン」「ロキソニン」「イブプロフェン」「アセチルサリチル酸」「エテンザミド」「アセトアミノフェン」があります。
(もっとも、厳密にはアセトアミノフェンはNSAIDsではありません)
風邪薬などにも入っている成分です。

ルナベルは長期飲み続けるお薬です。
当然その間に頭痛や風邪、インフルエンザなどで鎮痛解熱剤を使う機会があると思いますが、アセトアミノフェン以外のものを使うようにしてください。

問題があるとすれば、インフルエンザに罹った時です。
インフルエンザではピルとは逆に、【アセトアミノフェン以外】の鎮痛解熱剤は使用禁忌です。
これはインフルエンザ脳症を発症する可能性があるからです。

ただ、ピルはアセトアミノフェンの作用を「弱める」とされていますので、量を調節するなりの方法は採れないか、医師と相談してみてください。
なお、「タミフル」「リレンザ」等はルナベルと併用しても問題ありません。

ルナベルを飲むと危険な人

持病や生活習慣によっては、ルナベルの服用ができない場合があります。

「妊娠中の人」は服用できません。
妊娠が疑われる人も同様です。

「乳がん」「子宮がん」を発症している人もルナベルは禁忌です。
ルナベルに含まれる卵胞ホルモンが乳がん・子宮がんを悪化させる恐れがあるからです。

「血栓症の既往歴のある人」も服用できません。
血栓症が悪化する恐れがあるからです。
同様の理由で、「35歳以上で1日15本以上のタバコを吸う人」も、血栓症の観点からルナベルを飲むことはできないとされています。

言い換えれば、万全を期す場合、ルナベル服用前に「乳がん」「子宮がん」の検査をすること「妊娠の有無」を確かめること「血栓症」の検査をすること「禁煙すること」が求められるということです。

更年期障害にルナベルは有効?

更年期とは閉経(月経がなくなること)前後の5年間のことを指します。
閉経は50歳が平均です。
更年期は40代前~50代後半とばらつきがあります。
「ホットフラッシュ」という「ほてり」「のぼせ」「多量の発汗」や「倦怠感」「情緒不安定」など様々な不調が見られます。

更年期障害の主な原因は卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に低下することです。
ですので、ピルで補うことはかなり効果的です。
ただ、50近くの方にはルナベルよりもホルモン療法の方が適している場合もありますので、比較的高齢の方で更年期障害を何とかしようと思われている方は、医師に相談してください。

逆に、30代後半から45歳くらいまでの方にはルナベルは向いているといえます。
近年、若年性更年期、プレ更年期など、比較的若いうちに更年期障害が始まる例が増えています。
これに対してはルナベル服用はかなり効果的です。

更年期の症状には、対症療法も使われます。
頭痛には鎮痛解熱剤、下痢や便秘には整腸剤、精神症状には抗うつ薬や安定剤(マイナートランキライザー)、といった具合です。
しかし、根本原因は女性ホルモンの変動・低下ですので、ルナベルやホルモン療法はすべての症状を好転させる性質を持っています。
ここが対症療法との大きな違いです。

ルナベル まとめ

ルナベルには低用量の「ルナベルLD」と、超低用量の「ルナベルULD」があります。
第1世代1相性のピルです。ルナベルULDは体への負担が極力抑えられています。

ルナベルは避妊目的ではなく「月経困難症」の治療薬として処方されます。
ですが避妊効果も十分あります。
また、早期更年期、プレ更年期の症状緩和のために処方されることもあります。

生理痛は決して我慢するものではありません。
つらい生理で苦しんでおられる方、市販の鎮痛薬などでは追いつかないほど生理が重い方は、一度婦人科医師に相談してみましょう。

スマルナ ピル外来

「スマルナ」相談窓口

スマルナ相談窓口

LINE@に「スマルナ」の相談窓口を作りました。LINEはよく使うけど、メールでのやり取りはあまり慣れていないという方でも、お気軽にご利用いただけます。
相談窓口では生理に関するお悩みごとなどを薬剤師に無料でご相談いただけます。
その他にもスマルナの使い方に関する質問やお困りごと診察時に障害が発生した場合のサポート薬剤師にお薬に関する疑問、質問、または飲み方などのご相談を受け付けております。

  • ※スマルナで取り扱いのない疾患またはお薬に関する質問はお受け出来ない場合があります。ご了承ください。

友だち追加

関連記事一覧

カテゴリー

人気記事

  • 登録されている記事はございません。