あなたの生理は大丈夫?正常な生理の期間・周期・量について徹底解説

生理

  • HOME
  • ブログ
  • 生理
  • あなたの生理は大丈夫?正常な生理の期間・周期・量について徹底解説

しっかり避妊+やさしい生理

私の生理状態は正常?

生理をタブー視する風潮がある現在では、なかなか人と自分を比べる機会がないので基準はつい自分一人になりがちです。しかし生理状態は十人十色で人によってかなり異なるため、正常でなかったことを放置してしまったということが起こったりします。
ここでは一度自分の生理状態に向き合ってみましょう。

こんな生理状態は要注意

辛そうな裸の女性

一口に生理状態といっても、考える項目は結構たくさんあります。今まで意識していなかったことも、ひとつひとつ自分の生理と照らし合わせて考えてみましょう。

周期は長すぎず短すぎず一定ですか?

平均的な生理周期は25~38日です。
生理周期は生理状態を知る中で最も大切な要素で、ホルモンバランスを教えてくれます。以下の様なときはホルモンが異常をきたしている場合があります。

  • 揮発月経…24日以下の周期
  • 頻発月経…39日以上の周期
  • 不整周期月経…周期が一定しない

生理期間は長すぎず短すぎずちょうどいいですか?

平均的な生理期間は3~7日間と言われています。
次のような場合には無排卵性出血であることやこちらもホルモンバランスの乱れが疑われます。

  • 過短月経…生理が1~2日で終わってしまうこと
  • 過長月経…生理が8日以上続くこと

経血量は多すぎず少なすぎずちょうどいいですか?

平均的な経血量20~140mlと言われています。
分かりやすく言うと量の多い日に2時間おきにナプキンを取り換えれば間に合う程度が通常の状態です。生理の量というのは赤ちゃんをお受け止めるためのクッションの量と相関関係があるので少ない場合は注意です。また多すぎる場合も子宮の病気が隠れている場合があります。

  • 過少月経…1日ナプキンを変えなくても大丈夫
  • 過多月経…大きめのナプキンでも1時間でだめになる

経血が黒くどろどろしていませんか?

生理の経血は子宮内膜や老廃物等色んなものが混ざっているので、普通の血液とは色が異なりますが、ちょっと赤黒くサラサラしています。生理が始まって数日目だと酸化されて茶色や黒っぽくなっていることもあるのですが、1日目2日目に排出された経血については注意です。

  • 黒い経血…子宮内部が傷ついている、もしくは子宮の病気の可能性がある
  • 茶色い経血…前回の経血が残っているのでホルモンバランスが崩れている可能性がある。

生理痛などでつらくなっていませんか?

生理痛をはじめとする生理前や生理中に起こる辛い症状はあって当たり前ではありません。本来は無い状態が普通です。これらはピルで防ぐことが可能ですが、体質や遺伝の関係はあるにせよ、生活習慣や体の冷えが原因となりひどくなってしまうことがあります。一番注意すべきは生理期間外の痛みです。

  • 機能性月経困難症…特に病気はないが子宮の収縮によって起こること(生理二日目などが辛い)
  • 器質性月経困難症…特定の子宮病によって起こること(生理に関係なく痛み等の症状がおこる)

生理の始まりと終わりの年齢は平常ですか?

初潮の年齢は10~15歳に起こると言われており、これより早い分にはあまり問題がないのですがこれを過ぎても生理が来ない場合は無月経症になる恐れがあります。閉経は40~54歳に起こると言われており、これより早いとその時点で不妊になります。これより遅い場合は子宮筋腫が疑われますが、そうでなければ問題はありません。

  • 早発月経…10歳前に生理が起こること
  • 遅発月経…16歳以降に生理が来ること
  • 早発閉経…40歳前に生理が二度と起こらなくなること
  • 晩発閉経…55歳以降に生理が二度と起こらなくなること

排卵していますか?

排卵は成熟した卵子が卵巣から放出されることですが、これが起こってない状態が3カ月以上続くと不妊に繋がる恐れがあり、これは基礎体温を測ることにより知ることが出来ます。主な原因はホルモンバランスの乱れと言われています。

  • 無排卵性月経…排卵していないが生理が来ること

そもそも生理はきていますか?

生理が来ない状態が長く続くと排卵していない可能性が高く、卵巣の働きが弱くなってしまうことがあります。先天的な要因以外にもストレスや過度なダイエットが原因となる場合があります。

  • 原発性無月経…18歳になっても生理が起こらないこと(先天的要因)
  • 続発性無月経…妊娠していないのに突然生理が起こらなくなること(後天的要因)

スマルナでやさしい生理をはじめよう

不安なら産婦人科に行ってみる

診察をする医師

生理状態が上記の様なら将来不妊に繋がったり、病気が隠れていたり、何か体に問題があるのでしょうか。答えはノーです。

生理状態は最初に申し上げた通り十人十色であることが当然で、もともとそういう体質だということもあるからです。ただ自分が不安になった時は一度産婦人科医に相談してみましょう。産婦人科は少しハードルが高いように思える人もいるかもしれませんが、自分一人で悩みこまずにプロに話してみるというのは非常に大切なことです。

ただ忘れてはいけないのは、問題が出てきたときに自分の生活習慣を改善してみるということ。生理不順は体を温めたり、食生活を見直したり、良く眠ったり、適度に運動したりといった自分を労わる行動で治ることがあります。医者にかかる前に自分を大切にするという気持ちを持つように心がけてくださいね。

まとめ

日記とスマホ

この記事を書いている私は、生理が軽く今まで生理について悩んだことがありませんでした。そんなある日友人からこんなことを聞きました。
「生理が軽い人はホルモン分泌量が少ないから、赤ちゃんを受け止めるクッションができにくくて流産しやすいらしいよ。」と。

とてもとてもショックでした。私は今まで自分の体質をラッキーなものだと思っていたし、赤ちゃんは将来絶対に欲しいとも思っていたからです。不妊という言葉は聞いたこともあったけれど、実際自分の話になると焦燥感が感じられたこともあって少しずつ生理状態について調べるようになり、この生理状態の記事を書くに至りました。

特に私と同じタイプで生理が軽いと、重い人よりもさらに自分の体に疑問を抱かないことがあります。しかし生理は赤ちゃんを授かるためにはとても大切なプロセスで、それだけでなく1カ月を通しての体調に深く関与します。自分の体のためにも、そして日常を健やかに過ごすためにも自分の生理状態と生活習慣を見直してみてください。

しっかり避妊+やさしい生理 スマルナのピル外来

インスタグラムはじめました

「スマルナ」相談窓口

スマルナline@無料相談窓口

LINE@に「スマルナ」の相談窓口を作りました。LINEはよく使うけど、メールでのやり取りはあまり慣れていないという方でも、お気軽にご利用いただけます。
相談窓口では生理に関するお悩みごとなどを薬剤師に無料でご相談いただけます。
その他にもスマルナの使い方に関する質問やお困りごと診察時に障害が発生した場合のサポート薬剤師にお薬に関する疑問、質問、または飲み方などのご相談を受け付けております。

  • ※スマルナで取り扱いのない疾患またはお薬に関する質問はお受け出来ない場合があります。ご了承ください。

友だち追加

関連記事一覧

関連記事はありません。

カテゴリー