産婦人科に行った方がいい?産婦人科でできることを詳しく解説

その他

スマルナでやさしい生理をはじめよう

産婦人科に行くのってなかなかハードルが高い…

産婦人科というとどうしても妊娠や出産のイメージを抱いてしまいがちで、そのこともあって行くことにハードルの高さを感じてしまう人も多いと思います。また産婦人科にかかっていると周りに言うのが恥ずかしいという声もちらほら。ここでは産婦人科では実際にどんなことが出来るのか紹介していこうと思います。

産婦人科は産科と婦人科に分かれる

赤ちゃんの足

産婦人科というのは産科と婦人科を合わせた病院のことです。 

実は産婦人科は産科と婦人科を合わせて呼ぶ際に使われる名前です。クリニックなど小さな個人病院では担当医が限られるため、産科、婦人科、不妊治療など、どれに長けているなどが決まっているので、調べてから行くことをおすすめします。

目安ではありますが、個人病院の場合は妊娠、出産がメインの病院が最も多く、次に入院施設のない婦人科がメインの病院(お産は扱ってなくても、妊婦健診は行っているところもあります)、最後に不妊を専門とする病院という順で専門医が少なくなっていきます。

産科

主に妊娠、出産、産後のことを取り扱います。行う施術の例としては、帝王切開、流産の手術、産後腟などの傷の手術が見られます。

婦人科

主に女性生殖器の腫瘍性疾患(子宮筋腫や子宮頸癌など)、性感染症、更年期障害、不妊、生理不順などの内分泌疾患のこと、つまり女性の幅広いトラブルを取り扱います。行う施術の例として子宮筋腫、卵巣腫瘍などの良性の病気の手術、卵巣・子宮癌の手術、不妊症に対する手術、避妊のための手術、子宮脱の手術などが見られます。

大学病院や総合病院などの大きな病院の産婦人科

大きな病院ではまんべんなく産科婦人科の両ケースを扱います。手術件数も多く、癌などの長時間の手術や抗癌剤治療も行われています。
専門分野が異なっても産婦人科の症状があり受診すれば基本的にはどこでも診察をうけることができます。 必要があれば、診察や診断の後に、内容を記録した診療情報提供書を受け取って、大きな病院などに紹介してもらうケースもあります。まずは気兼ねせずに、病院へ行ってみましょう。

どんな時に産婦人科に行った方がいいの?

赤い湯たんぽを抱く女性

こんな悩みを持っている方は産婦人科にかかることをおすすめします。

「でも気のせいかもしれないし…」というあなたも日常生活に支障を来すようであれば一度勇気をもって相談をしてみましょう。

    • 生理に関する不安がある 
    • ピルが欲しい
    • 妊活をしたい
    • おりものが気になる
    • 性病検査を受けたい
    • がん検診を受けたい
    • その他女性器の悩み

産婦人科に初めて行くあなたへ

日記帳とペンと葉っぱ

初めて産婦人科へ行き、あんなことに、こんなことに困った!という声を集めました。
初めて産婦人科に行く際は以下の点に気を付けてみましょう。

生理周期は記録して行く

例えば、がん検診など一見生理周期など関係のない診察や検査をおこなう際でも、最後に生理が来た日や生理の日数、初潮が来た年齢などを聞かれる場合があります。あらかじめ確認できる状態で産婦人科へ行きましょう。

前日は性行為を控える

内診の妨げになることもありますので、控えるのがベストです。

問診しやすい格好で行く

触診を行うこともありますので、着替えやすい服やゆったりした服で病院へ行きましょう。スカートであればそのまま触診可能であることもありますので、ゆったりとしたフレアスカートなどがおすすめです。

メイクは控えめに

貧血などを顔色などで確認することがあります。過度な化粧は避けましょう。

ナプキンやおりものシートを持っていく

触診の際にまれに出血が伴う場合があります。帰る際に困らぬように、ナプキンやおりものシートを持っていくと安心です。

月経中は要注意

月経中の場合、診察や検査の内容によっては正確な診察ができない場合がありますので、生理中に病院へ行くことは避けた方が良いですが、そのためにタイミングを見失ってしまっては本末転倒です。生理中だからといって診察ができないわけではないので無理をしない程度で心にとどめておいてください。

しっかり避妊+やさしい生理

生理中でも大丈夫なこと

不正出血、経血に関する悩み(量や色、状態など)、腹痛、ピル(低用量、中用量、アフターを含む)が欲しい、できものができた など

生理中を避けた方がよいこと

性感染症検査(感染症治療後の再検査)、おりもの検査、子宮がん検診、卵巣がん検診 など

なるべく症状が出ているときに病院へ行く

相談したい症状が具体的にある際は、症状が出ているタイミングで受診したほうが、うまく言葉にできない症状や状況が医師に伝わりやすくなります。
しかし、スケジュール上困難であったり都合よく症状が出ないこともあると思いますので、その場合は症状についてできるだけ細かくメモや記録をとっておきましょう。

気にしなくても良い点

診察前にシャワーに入らなくても良い

必ずしもシャワーやお風呂に入ってこなくても大丈夫です。ご自身のスケジュールに合わせて病院へ行って問題ありません。むしろ洗浄しすぎることで正常な検査が行えない場合もありますので気兼ねせずにそのままの状態で病院へ行きましょう。

アンダーヘアはそのままでOK

陰部を見るにあたって陰毛をケアしないといけないのかと不安に思う方もいること思いますが、気にする必要はありません。

とにかく気になることがあれば勇気を出して産婦人科へ

iPhoneを触る女性

産婦人科に行くのは少し敷居が高く感じられてしまう人も世の中には多いです。しかし、女性器は特に体の内部で不調の分かりにくい、また検査のしにくい臓器です。自分の判断だけで推し量るよりも、まずは専門家に見てもらうことが大切です。もしも何も問題がないのであればそれが一番ですし、今まで何年も悩んできたけれど産婦人科に行ったらほんの数日で収まったなんていうケースもよくあります。

少しのホルモンバランスの乱れで体調や心の健康揺らいでしまう女性の、あなたの体の悩みに産婦人科医は真摯に向き合ってくれます。
まずは足を一歩踏み出してみてくださいね。

しっかり避妊+やさしい生理 スマルナのピル外来

インスタグラムはじめました

「スマルナ」相談窓口

スマルナline@無料相談窓口

LINE@に「スマルナ」の相談窓口を作りました。LINEはよく使うけど、メールでのやり取りはあまり慣れていないという方でも、お気軽にご利用いただけます。
相談窓口では生理に関するお悩みごとなどを薬剤師に無料でご相談いただけます。
その他にもスマルナの使い方に関する質問やお困りごと診察時に障害が発生した場合のサポート薬剤師にお薬に関する疑問、質問、または飲み方などのご相談を受け付けております。

  • ※スマルナで取り扱いのない疾患またはお薬に関する質問はお受け出来ない場合があります。ご了承ください。

友だち追加

関連記事一覧

カテゴリー