産婦人科医が愛用するピルって?気になる疑問を宋美玄先生に聞いてみた

lalune

  • HOME
  • ブログ
  • lalune
  • 産婦人科医が愛用するピルって?気になる疑問を宋美玄先生に聞いてみた

スマルナでやさしい生理をはじめよう

「低用量ピルについて興味があるけれど、実際に服用するのは副作用とかなんとなく怖いな、不安だな。」そう思ったことがある方は多いのではないでしょうか?

低用量ピルについて、専門家はどのように考えているのでしょうか?

実は、多くの女性医師(産婦人科医)が低用量ピルを服用しています。

今回は、実際のところどうなんでしょう?と産婦人科医のカリスマと呼ばれる宋美玄先生に低用量ピルについてお話をお伺いしてきました。

プロフィール紹介

宋美玄先生
低用量ピルを長年愛用。産婦人科専門医で現在丸の内の森レディースクリニック院長を務めている。
産婦人科の臨床医を務める傍ら、テレビや雑誌、講演などで、セックス、女性の性や妊娠・出産などについての啓発活動を行っている。

インタビュアーYUI
スマルナ運営事務局員。低用量ピルについてとても気になっている。

女医が愛用する低用量ピルとはどういうお薬?

低用量ピルとはそもそもどういうお薬ですか?

低用量ピルは合成された卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(ロゲステロン)が入っています。
毎日服用することでほぼ確実に避妊ができるため、経口避妊薬とも言われています。

避妊ができるイメージが強いですが、他にも何かいいことがあるのでしょうか?

低用量ピルができることは大きく分けて2つです。
『避妊をほぼ確実にできること』と『生理時の不快な症状を改善すること』
この2つは女性が生きていく上でメリットが大きいです。
そもそも生理は体が赤ちゃんを産む時に必要なものです。そのため、赤ちゃんを産みたい時以外は生理って煩わしいですよね?

はい、私もそう思います。

だから、私も含めて産婦人科の女性医師は、生理痛や生理の時に不調になる煩わしさから解放されるために低用量ピルを服用しています。
生理による毎月の苦しみから改善される、避妊をほぼ確実にできる安心感は人生を大きく変えてくれますよ。

なるほど。避妊だけでなく、生理時の不調も改善してくれる効果があるんですね!

 

低用量ピルの副作用が怖い?

低用量ピルと聞くと『副作用が怖い』と言った話をよく聞きますが実際どうなんでしょうか?

そもそもそこまで危険な薬であるなら私は服用しません。
基本的には低用量ピルは安全な薬で、副作用が出る確率も高くはありません。ただ副作用が出ることがあるというのも事実です。

もし、副作用が出た場合どのような症状が当てはまるのでしょうか?

まず、低用量ピルの副作用には怖くないけれど辛い副作用と本当にまれだけど怖い副作用があります。

怖くないけど辛い副作用

飲み始めの1〜3ヶ月間は吐き気・めまい・頭痛など体調が少し悪くなることがあります。これは体内のホルモンバランスを調整しているため出る症状なので、継続して服用すると治ることがほとんどです
もしどうしても副作用が辛いなら産婦人科の先生に相談して、薬を変更するもしくは服用を中止してください。ほとんどの場合、薬を中止すると数日〜1週間程度で元に戻ります。

本当にまれだけど怖い副作用

これは『血栓症』が該当します。血が固まって血管内で詰まったりすることがあります。最悪死に至ることもありますが、血栓症が起こる確率はごく稀です。
・喫煙をしている方
・BMIが高い方(25以上の方は注意)
・前兆のある偏頭痛がある方
上記に当てはまらない場合は血栓症のリスクは低く、低用量ピルを服用するメリットが上回ります。
もし当てはまるような事があれば、この辺りはしっかり医師に伝えましょう。

低用量ピルを服用すると太りやすくなったり妊娠しにくくなると言われていますが、これは本当でしょうか?

低用量ピルの服用が原因で体重増加に影響することはないと実証されています。
また妊娠しにくくなるといった噂も多いですが、低用量ピルで無駄な排卵を抑え体への負担を軽くするので、これも根拠のない誤解ですね。
私自身27歳~34歳まで低用量ピルを服用していて、止めた翌年に妊娠しました。 授かりたいタイミングで妊娠することができたので、私の体験が裏付けになるといいなと思っています。

 

低用量ピルを服用するメリット

低用量ピルを服用することでどんなメリットがあるのでしょうか?

ほぼ確実に避妊ができることで、女性は自分の人生を主体的に決めることができます。また低用量ピルを服用することで生理時の不調も改善してくれるため、生活の質も向上します。
そのため、私を含む多くの産婦人科の女医が低用量ピルの服用を推奨しています。

避妊以外にも生理時の不調が改善するとおっしゃっていましたが、どのような不調が改善するのでしょうか?

主には生理痛、PMS(生理前のイライラなど)、肌荒れ、生理不順の改善が期待できます。

生理不順の解消

低用量ピルはシート状になっており、21日間内服し、7日間休薬するのが基本。生理の周期(28日)を自分でコントロールできるため、生理不順を解消することができます

PMSや生理痛の緩和

ピルを飲むことで、ホルモンバランスが安定します。これにより、イライラや倦怠感などのPMSを緩和したり、生理痛が改善されます

肌荒れの改善

私の患者さんの中には、肌のためにピルを飲んでいる人も結構います。男性ホルモンの影響によってできる頬や顎のニキビは、ピルで改善されることが多いと言われています。

これ以外にも低用量ピルを服用するメリットはありますか?

特定の婦人科疾患を予防することもできます。「低用量ピルを飲むとがんにかかりやすくなる」という噂がありますが、これは誤解です。
低用量ピルの服用によって、卵巣がんや子宮体がんのリスクはが下がるという研究結果が出ています。しかし、子宮頸がんだけはリスクが少し上がるので、低用量ピルを服用する間は1年に1回子宮頸がん検診を受けてくださいね。

先生のお話を聞いて、低用量ピルを服用することで決まった日に生理が来るようコントロールすることができ、生理痛やイライラの改善ができることがわかりました!
また、子宮や卵巣を休ませることで体への負荷を減らし、経血量も少なくなるんですね。
こんな医学的メリットを知っているから女医さんにピル愛用者が多いのかしれませんね。

しっかり避妊+やさしい生理

低用量ピルの種類や価格は?

低用量ピルの価格はどれくらいですか?

産婦人科にもよりますけど、月に平均3,000円程度かかりますね。毎月の出費は決して安いものではないけれど、効果や効能を知っていれば低用量ピルによってもたらされる恩恵は大きいと思いますね

種類はどれくらいありますか?

国内で承認されている低用量ピルは数十種類あります。低用量ピルはひとによって「合う・合わない」があります。そのため、私たち産婦人科医は希望が叶うよう総合的に判断して処方しています。今抱えている悩みや症状、飲む期間を是非相談してみてください。

 

低用量ピル試してみようかなと思っている方へのメッセージ

生理痛や生理時の不調はあって当たり前ではなく、治療法があります。
低用量ピルは決して不自然な薬ではないし、偏見を持たれるような薬ではありません。低用量ピルが気になるな…と思っている方はぜひ選択肢の1つとして選んでみてください。
また、自分には必要ないかな?と自分で判断してしまわずに、医師やクリニックの力を借りて、自分の体について知り、自分の健康について向き合ってもらえると嬉しいです。

産婦人科に行きづらい、行きにくいと思ったら今話題のピル外来のネット診察、スマルナを有効活用してみてもいいかもしれませんね!

 

話題のネット診察、スマルナとは?

ネット診察サービスとは?

インターネットを使って、スマホ上で医師が問診・診察を行い、あなたに合うお薬を処方いたします。
処方されたお薬は配送で希望の場所に届きます。
スマホで自分の空いた時間にチャット上で医師と問診・診察を行うので、忙しくて通院を諦めていた方や産婦人科に行きにくいと抵抗があった方向けに開発されたサービスです。

詳しく見てみる

 

低用量ピルを試すならスマルナがオススメ

初めて低用量ピルを服用する方は、「副作用が心配…」「低用量ピルは色々種類があるみたいだけど、よくわからない…」など様々な不安を抱えている方が多くいらっしゃいますが、スマルナではあなたの悩みを医師がじっくりとお聞きします。その上で悩みや希望に沿った処方薬やライフスタイルをご提案させていただきます。

また処方して終わりではなく、服用後も気になることや不安な点があれば、パートナードクターにいつでも相談していただけます。しっかりサポート、安心のスマルナであなたも低用量ピルを始めてみませんか?

スマルナのピル外来でやさしい生理をはじめよう

しっかり避妊+やさしい生理 スマルナのピル外来

インスタグラムはじめました

「スマルナ」相談窓口

スマルナline@無料相談窓口

LINE@に「スマルナ」の相談窓口を作りました。LINEはよく使うけど、メールでのやり取りはあまり慣れていないという方でも、お気軽にご利用いただけます。
相談窓口では生理に関するお悩みごとなどを薬剤師に無料でご相談いただけます。
その他にもスマルナの使い方に関する質問やお困りごと診察時に障害が発生した場合のサポート薬剤師にお薬に関する疑問、質問、または飲み方などのご相談を受け付けております。

  • ※スマルナで取り扱いのない疾患またはお薬に関する質問はお受け出来ない場合があります。ご了承ください。

友だち追加

関連記事一覧

関連記事はありません。

カテゴリー