生理が辛い!月経困難症とは?生理痛が強い場合は病気の場合も…

月経困難症

しっかり避妊+やさしい生理

月経困難症とは、月経痛(生理痛)が強く、日常生活に支障を及ぼすほどの状態を言います。
月経困難症の原因としては、何らかの病気が原因である場合と、そういった要因がまったく無く起こる場合があります。
経口避妊薬(ピル)の使用で改善できる場合もあります。

月経困難症のタイプは2つ

腹痛

特に病気ではないのに、仕事や登校できないほど生理の辛い状態を「機能性月経困難症」といいます。
月経困難症の75%がこのタイプです。

子宮や卵巣に病気が隠れている場合は「器質性月経困難症」といいます。
「子宮内膜症」「子宮筋腫」「子宮腺筋症」などの病気である場合が考えられます。
月経困難症の25%を占めます。

機能性月経困難症

機能性月経困難症が起こる原因には、経血を押し出すときの子宮の収縮、骨盤内の血が滞ることなどがあります。
子宮の収縮を引き起こす原因は、子宮内膜で作られる「プロスタグランジン」が過剰であることなどです。
プロスタグランジンは陣痛を引き起こす際に分泌される物質です。

若年の場合、頸管部が細いため、経血を押し出す際に強く痛みます。
これは年齢とともに軽減してくることが一般的です。

ストレスなど些細な原因でも月経痛は強く出たりします。
症状として「腹痛」「吐き気」「肩こり」「むくみ」「のぼせ」「眠気」や、「精神不安定」などが挙げられます。

器質性月経困難症

原因が何らかの病気である場合が器質性月経困難症です。
「子宮内膜症」「子宮筋腫」「子宮腺筋症」が最も多い原因になります。

子宮内膜症

子宮内膜症は、子宮内膜が子宮以外の場所にできてしまう病気です。

生物の生体的エラーという意味ではある意味よくわかる現象です。
気管やへそにできることさえあります。
卵巣に発生した場合「チョコレート嚢胞」といわれるものが生成されます。

子宮内膜症の主な自覚症状は「激しい生理痛」です。
超音波(エコー)で検査ができます。

子宮筋腫

子宮筋腫は、筋腫というかたまりが子宮にできる病気です。

おなかの中は案外広いです。
そして、周辺の臓器も骨格で固定されないので、20㎝以上の筋腫ができていても気づかないこともあります。

少し脱線しますが、お腹の臓器は脳や胸部臓器と違い、骨格の守りがありません。
そこで、筋肉(腹筋)が発達していないとき、身体は「脂肪で守ろうと」します。
カロリー超過でまずおなかに脂肪がつくのはその意味が強いです。
ですので、お腹周りのダイエットには「腹筋を鍛える」ことが有効になってきます。

子宮筋腫の自覚症状として一般的なのは、月経の量が多い「過多月経」です。
出血量が150ml以上の場合を指します。
レバーのような血の塊が出ることもあります。

ただし量だけでなく、臭いや痒みなどを伴うときは、何らかの感染症の疑いもあります。

子宮腺筋症

子宮腺筋症は、子宮内膜が子宮筋層にできてしまう病気です。

「子宮内膜症」は子宮内膜が子宮以外の場所にできる病気ですが、「子宮腺筋症」は子宮筋層にできます。
子宮内膜症と合併して起こることもあります。

症状としてはやはり生理痛、過多月経、それに伴う貧血などです。
生理痛は子宮内膜症より強く、過多月経は子宮筋腫より多いです。

月経困難症の検査について

女医

子宮内膜症・子宮筋腫・子宮腺筋症の診断は、超音波(エコー)・内診・直腸診などで行われます。
さらに詳しい検査としては、CT(X線断面撮影)、MRI(電磁波での断層撮影法)などがあります。
子宮内視鏡や、へその下を小さく切開し、腹腔鏡で診察する方法もあります。

検査を受けるか迷ったときは?

生理中、市販の鎮痛薬を数回飲めばしのげるといった場合は、あまり心配はいらないと思います。
ただ、徐々に(あるいは突然)痛みが増す、2日目以降も軽くならない、痛みの強度があまりにも高い、という場合は婦人科を受診することが奨められます。

受診の時期は、生理中でなくても大丈夫です。

病気では無い場合(機能性月経困難症)の対処法

特に病気がない月経困難症(機能性月経困難症)の場合の対処は「鎮痛解熱剤(NSAIDs)」「漢方薬」「ピルの服用」「食事・生活の改善」などで対処します。

鎮痛解熱剤(NSAIDs)

鎮痛解熱剤(NSAIDs)とは、非ステロイド系抗炎症薬のことです。
市販品も多くて、手軽に使用できます。
「頭痛」「歯痛」「生理痛」に普通に使用する「鎮痛解熱剤」です。

生理時に子宮の収縮を促す物質「プロスタグランジン」を抑制する働きがあり、生理痛に有効です。
鎮痛解熱剤は、「使いすぎると身体に悪いのではないか?クセになるのではないか?使い続けると効果が落ちるのでは?」 と心配してギリギリまで飲まなかったり、全く使用しないという方もいらっしゃると思います。
しかし、そのような心配はいりません。
確かに、月に10日以上服用するような使い方は慎むべきですが、生理中1~3日服用するぐらいでは全く問題はありません。

そして「我慢できないほど痛くなってから飲もう」は、実は間違いです。
痛みが始まったらすぐ、あるいは、痛みが始まるであろう時期になったらその時点で、飲む方が効果が上がります。

生理痛は我慢するものではありません。
適切にお薬を使うのに罪悪感を感じる必要など全くないのです。

鎮痛解熱剤の種類は強い順に【ボルタレン>ロキソニン>イブプロフェン>アセチルサリチル酸(アスピリン)=エテンザミド>アセトアミノフェン】となります。

ボルタレンは処方薬のみです。

ロキソニンは効果が高く副作用も少ないのでオススメです。
ただ、処方を受けると安いのですが、ドラッグストアで買うとかなり割高です。

イブプロフェンはそれに次ぐ強さであるにもかかわらず、大変安価で、普段使いにはいいかもしれません。
「イブA錠」が有名ですが、ジェネリック(後発医薬品)の「クレーモア」がおそらく最も安いと思います。

注意が必要なのは「アセトアミノフェン」です。
ピルを服用している人は使ってはいけないとされています。
一方、インフルエンザの時は「アセトアミノフェン」しか使ってはならないとされ、判断に迷うと思いますので、医師にご相談ください。
さらに第4世代ピルに分類される「ヤーズ」「ヤーズフレックス」は、すべての鎮痛剤に注意となっていますので、これも医師に要相談です。

漢方薬

漢方薬は時として最高の対処法となる場合があります。
継続して飲む必要が要りますが、漢方も一つの選択肢としてぜひ考えてほしいと思います。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)や、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)などがよく使われます。
婦人科で保険適用で処方してもらうことができます。
体質に合った漢方は、長期飲み続ける薬としてはかなりハイレベルなものです。

スマルナでやさしい生理をはじめよう

ピルの服用

ピル(経口避妊薬)は、月経困難症に非常にマッチしたお薬です。
避妊効果がよく知られているピルは、子宮内膜症や月経困難症にも高い効果を現します。

機能性月経困難症(特に器質的な病気のない月経困難症)は、排卵した後、卵巣から分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)が原因です。
ピルは排卵をストップさせますので、生理痛は相当程度まで軽減されます。

ピルは本来、避妊効果ではなく、こうした月経にまつわる不都合を改善するために開発されたお薬ですので、積極的に使ってよいと思います。

ピルを飲むと不妊症になるとか、ガンになるとかいうことはありません。
ガンについて少し補足すると、ピル服用の場合、コンドームを使用しないケースが多いため、それによりHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染率が上がり、結果「子宮頸がん」になるリスクが高まるということはあります。
しかし、子宮頸がんは進行が遅く、治療のしやすいガンです。
ピルの服用で、すでに発生している「乳がん」の進行が早まることはありますので、定期検診は行っておいていただきたいところです。

反対に、ピルの服用によって「卵巣がん」「子宮体がん」の発症率は下がります。
特に卵巣がんは自覚症状がなく、急激に進行する危険度の高いガンです。
このガンは、ピルを飲み続けるほど発生率が下がります。

痛みがひどく、生理中は日常生活ができなかった人も、ほとんどがピルによって症状が大いに改善されます。
ピル服用は月経困難症対策の非常に強力な選択肢となります。

ただ、一点注意があります。
タバコを吸っている人がピルを服用すると血栓症のリスクが160倍以上にも跳ね上がるということです。
ガイドラインでは「35歳以上で1日15本以上の喫煙をする方」にはピルはNGとされますが、基準以下だとしても、ピルとタバコは相性が悪いです。

超低用量ピル 「ヤーズ」

第4世代ピルに分類される「ヤーズ」は月経困難症治療薬として処方されます(避妊効果も十分あります)
「超低用量ピル」とも言われ、身体への負担も少ないです。

ヤーズには黄体ホルモン(ドロスピレノン)と、卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)が含まれます。
黄体ホルモンは排卵を押えたり、子宮内膜が厚くなるのを抑える作用があります。
卵胞ホルモンは不正出血を起きにくくさせます。
そしてその結果、痛みの元となるプロスタグランジンの産生が抑制され、生理痛が改善します。

他のピルが、基本的に21日飲んで、7日休むという服用方法なのに対し、ヤーズは24日飲んで4日休むという飲み方になっています(4日分が偽薬=プラセボです)。

超低容量ピル「ヤーズフレックス」

ヤーズの適用は「月経困難症」ですが、「ヤーズフレックス」はそれに加えて「子宮内膜症に伴う疼痛の改善」も対象になっています。

基本的にヤーズと同じお薬なのですが、休薬期間なしに最大120日服用が可能になっています。
長期にわたり効果が得られます。

食事・生活の改善

食事や日々の生活で参考になるかと思われることについて、いくつか挙げます。

「冷え」への対処が生理痛を和らげる

身体が冷えると生理痛が悪化します。
カイロなどで体を温めるほか、身体を温める作用のある食事を採ることで生理痛を緩和することができます。

ショウガ・白菜・ネギ・ごぼう・レンコン・あんず・オレンジ・サクランボ・グレープフルーツやナッツ類が血行を良くしてくれます。

タンパク質・鉄分を摂る

人間の体にはタンパク質が不可欠です。
運動選手などは努めてタンパク質を摂りますが、これはどのような人にも必要なことです。

「タンパク質」は、牛肉・豚肉・鶏肉などの肉類、魚など魚介類、卵・大豆などに豊富に含まれています。
脂分をあまり摂りたくない場合は、鶏のササミ・胸肉(皮はカロリーが高いので、もったいないですが取り除きましょう)などが低カロリー高タンパクの良い食材になります。

血液に含まれる赤血球を作るには「鉄分」が不可欠です。
プルーン・レバー・ひじき・ほうれん草などに多く含まれます。
どうしても採りづらいなら、サプリメントでも補給することもできます。

大豆を取り入れる

大豆はタンパク質の補給になるほか、繊維質も豊富で、積極的に摂りたい食品です。
納豆なら整腸作用も期待できます。
また、大豆には女性ホルモンのエストロゲンに似た成分「イソフラボン」が含まれますので、ホルモンバランスを安定させる効果もあります。

ストレスを軽減すると生理痛も緩和される

高いストレスがかかった状態は、生理痛を悪化させます。
現代ではストレスがかかってしまうのはどうしようもないことではありますが、それだけに、自分なりのリラックスタイムを模索することは必須とも言えます。

少量ならアルコールもOKです。
温めたアルコールなら「冷え」の改善もできて一石二鳥です。
ピルとも飲み合わせは問題ありません。

ただ、ピルを飲んで、成分が吸収されるまでの2時間以内に吐いた場合、ピルの成分が排出されてしまいます。
その場合はもう1錠飲む必要があります。何
にせよ、吐くほどの飲み方はやめておきましょう。

まとめ

月経困難症には、病気が原因になっている「器質性月経困難症」と、これといった原因のない「機能性月経困難症」があります。

病気が疑われる場合は、きちんと医師の診断を受けましょう。
定期検診しておけばなおよいと言えます。

機能性月経困難症では、まずNSAIDs(鎮痛解熱薬)の服用を考えましょう。
生活習慣を整えることも重要です。

しかし、どちらの場合にも決め手となるのはピル(経口避妊薬)の服用です。
決して危険なものでも、よくない行為でもありません。
悪性度の高いガンである「卵巣がん」のリスクも下がります。

皆様の生理痛に合った最善の方法を見つけられますよう、心よりお祈り申し上げます。

しっかり避妊+やさしい生理 スマルナのピル外来

 

インスタグラムはじめました

「スマルナ」相談窓口

スマルナ相談窓口

LINE@に「スマルナ」の相談窓口を作りました。LINEはよく使うけど、メールでのやり取りはあまり慣れていないという方でも、お気軽にご利用いただけます。
相談窓口では生理に関するお悩みごとなどを薬剤師に無料でご相談いただけます。
その他にもスマルナの使い方に関する質問やお困りごと診察時に障害が発生した場合のサポート薬剤師にお薬に関する疑問、質問、または飲み方などのご相談を受け付けております。

  • ※スマルナで取り扱いのない疾患またはお薬に関する質問はお受け出来ない場合があります。ご了承ください。

友だち追加

関連記事一覧

カテゴリー